春の彼岸法要と各永代供養墓前読経|新潟での永代供養・樹木葬、ご祈祷のご相談なら「小栗山 不動院」

ブログ

春の彼岸法要と各永代供養墓前読経

2020年03月20日

本日午前9時より、不動院本堂にて春の彼岸法要を厳修致しました。

その後順次、不動院霊園の永代供養墓、永代供養納骨堂、個別型永代供養墓、樹木葬で墓前読経を厳修致しました。

昨日は晴天で気温が20℃を超えましたが、一転して今日は気温も低く、あられが降ったり、日が差したり、雨が降ったり、雷や突風など、お彼岸とは思えないほど賑やかな天候となりました。墓前読経ができるのか心配しながらのスタートとなりました。

2020.3.20.1.jpg

本堂で彼岸法要を始める前には、明るい日差しが本堂内に差し込んでおりましたが、法要が終わる頃から雨が降り出しました。

一緒に法事をされた方は、終了後に傘を持って永代供養納骨堂へお墓参りへ向かわれました。永代供養納骨堂は室内でお参りできるので、こういう悪天候の日でも安心してお墓参りができます。私もその良さを実感いたしました。

私も不動院霊園の永代供養墓へ移動して墓前読経する予定でしたが、雨が激しかったので、一旦待機して天候が回復するのを待ちました。

20分程待つと雨が止み晴れ間が見えたので「よし!今だ!」とばかり外へ出ました。

2020.3.20.2.jpg

始めにお地蔵様の永代供養墓で墓前読経を行いました。

2020.3.20.3.jpg

次に、室内の永代供養納骨堂内で墓前読経いたしました。先程お参りされた方の線香が未だ残っていました。

2020.3.20.4.jpg

次に、ペットも一緒に入れる個別型永代供養墓で墓前読経いたしました。ちょうど終わる頃にまた雨がぽつぽつと降り出してきました。

この後車で海伝寺墓地の樹木葬へ向かう予定でしたが、再び家で待機して雨が止むのを待ちました。

30分程待ち雨が止むと急いで「今だ!」とばかり樹木葬へ向かいました。

2020.3.20.5.jpg

樹木葬のお墓の下には、降ったあられが未だ解けずに残っていました。11時15分頃に全ての墓前読経が終了いたしました。大嵐ならあきらめようと思っていましたが、降ったり止んだりの繰り返しだったので、何とか午前中の内に終わることができました。私一人なら何とでもなるのですが、妻に一緒に立ち会って写真を撮ってもらわなくてはブログに載せられないのでそれが一番気を遣います。ですが、妻は嫌な顔一つせずに私が「行くよ!」と言うと直ぐカメラを持って付いてきてくれます。改めて妻に感謝いたします。何とかお彼岸の法要が終わってホッとしました。

back

お問い合わせ

Information

小栗山 不動院
〒954-0002
新潟県見附市小栗山町1778番地
Tel:0258-62-0991
Fax:0258-63-5848

新潟県の永代供養・樹木葬、ご祈祷のご依頼は「小栗山 不動院」へご相談ください。宗派不問で対応いたします。
見附市、三条市、長岡市等から多くの方がご来院されています。

  • メールでのお問い合わせ

PageTop

永代供養、ご祈祷のご相談なら新潟県見附市の「小栗山 不動院」にお任せください