強風と大雪の被害|新潟での永代供養・樹木葬、ご祈祷のご相談なら「小栗山 不動院」

ブログ

強風と大雪の被害

2021年01月10日

1月7日の午前中は青空が覗くほど穏やかな天候でしたが、午後は一転、突風、カミナリ、吹雪と大気が不安定になりました。

新潟県内ではトラック5台が横転しているニュースの報道がありました。

不動院境内の南側へも強風が入り込み数カ所の被害を受けました。

7日夜は一時停電も起きました。

2021.1.8.1.jpg

写真は1月8日10時頃の仁王門の様子です。

右側(南側)の冬囲いが強風にあおられ損壊しています。

2021.1.8.2.jpg

2021.1.8.3.jpg

冬囲いが何度も仁王門に当たった振動で左右の欄間が外れてしまいました。

2021.1.8.4.jpg

2021.1.8.5.jpg

仁王門右側(南側)で散乱した板です。

更に仁王門をくぐり抜けて境内に入ると南側の木製フェンスが突風で被害を受けました。

2021.1.8.6.jpg

木製フェンスの板が3か所抜け落ちています。

土台も傾いており修復は難しい状況です。

次に観音堂の冬囲いも南側の板が外れています。2021.1.8.7.jpg

2021.1.8.8.jpg

この他にも、木の枝が折れ境内に散乱していました。かなりの強風でしたが、杉や欅の大木が倒れなかったのが不幸中の幸いです。

この後、近所の檀家総代の方が駆けつけて下さり、二人で外れた板をはめ直しました。

仁王門の冬囲いも倒れないように縄で縛り、応急処置を施しました。

私一人ではどうしようもなかったので本当に助かりました。

 

7日の強風が治まると8日からは大雪となりました。

写真は10日午後4時頃の境内の様子です。

2021.1.10.2.jpg

積雪は1メートルを超えました。

2021.1.10.1.jpg

消雪の井戸水のお陰で自家用車は境内まで入れる状態です。

2021.1.10.6.jpg

これ以上積もると屋根の雪下ろしが必要な状態です。取り敢えず軒だけ雪を落としました。

1021.1.10.3.jpg

観音堂へは登れない状況になりました。例年この時期、新潟県内では札所巡りも出来ないオフシーズンなので無理に除雪はしていません。この雪が治まったら17日の新年初護摩法要までに除雪しようと思います。

2021.1.10.4.jpg

本堂の屋根の雪が落ち、不動院霊園への道は完全に塞がってしまいました。3月中旬までお墓参りや納骨ができない状態となりました。

以上報告いたします。

back

お問い合わせ

Information

小栗山 不動院
〒954-0002
新潟県見附市小栗山町1778番地
Tel:0258-62-0991
Fax:0258-63-5848

新潟県の永代供養・樹木葬、ご祈祷のご依頼は「小栗山 不動院」へご相談ください。宗派不問で対応いたします。
見附市、三条市、長岡市等から多くの方がご来院されています。

  • メールでのお問い合わせ

PageTop

永代供養、ご祈祷のご相談なら新潟県見附市の「小栗山 不動院」にお任せください